私は自分で着ることができませんし、着る機会もないので
母にもらった着物を買取に出して現金にさせて頂きます。

現金にしたら喪服などを一式そろえておこうと思ってます。
母にも言われてました。
「いい年齢なんだからそろそろ一式そろえておいて
急な不幸があった時にすぐに対応できるようにしておきなさい。」
と。
ちょうど母の着物を買取に出していたので
そちらにお金を回して、喪服を購入することにと思ってます。

そうなんですよ。
私も結構いい歳になってきて、学生時代の恩師が亡くなったとか
お世話になった方の訃報を耳にする機会が増えてきました。
そんな時に来て行ける喪服がなかったので、こちらにお金を回そうと思ってます。
喪服といえども、ファッション性の高いものも割と多くあるんですね。
とても地味な印象でしかなかったけれど、
ネットで見るとさまざまなデザインがありました。

喪服をどこで買ったらいいのかもよくわからないので今回はネットで買おうかなって感じです。
手ごろでいいのがたくさんありましたよ。
手ごろな金額で喪服一式を買って今度は自分が欲しいものも買っちゃいます。

骨董品を売りたい時、みなさんはどこを利用していますか?
その辺にある質屋とかで売っていませんか?
もしくはリサイクルショップとか。
そんなお店で売っても安く買取されるのがオチですよ!
たいていのお店は骨董品の価値を見極めることができません。
ブランド品ならどこのお店も普通に査定してくれますが、骨董品となると曖昧な査定をされることが多いです。
それだけ骨董品の見極めは難しいということです。
経験と知識がないと適切な査定を行うことができません。
だから、売る時はどこのお店を利用するのかがポイントになります。
私が調べた中では大黒屋がナンバーワンです。
大黒屋にはレベルの高い鑑定士が在籍しているので骨董品の査定もバッチリです。
適切な価格を提示してくれるので、普通のお店で売るよりもよっぽど高く売ることができます。
私の知り合いもみんな大黒屋で骨董品を売っていて、良いお店だな~って言っています。
これから骨董品を買い取りに出そうと思っているなら利用してみてください。
満足いく査定額になると思いますよ。
もしかすると予想外の金額になるかも♪

骨董品といえば、甲冑や刀といったものから、食器や茶器などの生活品まで、その種類は豊富ですが、買取価格というのは鑑定士によって様々であるということは忘れてはなりません。
不況の影響からか、昨今多くの方が趣味で購入した骨董品を買取に出しているようで、その需要がかなり高まっているようです。
ただし、やはり満足のいく価格で売れなかったという人が大半なのではないでしょうか。
というのは例え価値の分からない素人であっても勝手に値段を決めることができ、批判なんてされません。
骨董品というのは指針となる相場がないため、適当に値段を決めることが可能なんです。
つまりは主観に左右されるものなので、鑑定士の力量というのは骨董品と高価買取してもらうために最も重要なことなのです。
私の予想ですが、適切な鑑定が出来る人というのは全体の1割もいないでしょう。
それくらい値段を決めるというのは難しいものなんです。
そのため、お売りの際は出来るだけ多くのお店にて鑑定してもらいましょう。
そうすれば自ずと腕の立つ鑑定士に出会うことが出来、適切な価格で売ることが出来ます。
何軒行けばいいのかというのは愚問ですが、10軒以上行けば1軒良いお店が見つかるのではないでしょうか。

骨董品の中で、気になるものに「お歯黒道具」というものがあります。

お碗と壺のような入れ物のこのセット、最初は何か分かりませんでした。
江戸時代の女性は、結婚すると歯を黒く染め、既婚であることを示したそうです。
他の男性が寄ってこないようにする、ということでしょう。
当時の感覚は分かりませんが、少なくとも現代では近寄りがたいですね…(護身術とかに使えそうです)。
浮世絵などの女性は、おちょぼ口に描かれているので、意識したことはありませんが、
口の中が黒いものも多いんでしょうね。
当時は眉剃りというものも行なわれていたそうで、眉毛がなくて歯が黒いなんて、
現代では想像し難いですが(笑)当時の旦那様はどんな心境だったのでしょうか…。

髪型にも、元禄島田髷、おすべらかし、勝山髷など、実に多様で(今で言う○○巻き、ボブの
ような感覚なのかなぁ)女性の美容の歴史に関しては、なかなか調べがいがありそうです。

古くからある蔵から、お歯黒道具、化粧用具、化粧鏡、象牙のくしなど、女性の美に関する
ものがあればぜひ当店の無料査定・買取に出してみて下さいね!

これなんだろう…

そんなものが、意外とお宝だったりするのです★

お母さんに聞きます。
なぜ、私の家には骨董品がないのかと。
お母さんは言います。
そんなことはお父さんに聞きなさいと。
そして、お父さんは言います。
そんなことは、八人の兄弟に聞きなさいと。
そんなの八人の兄弟に聞いても答え返ってくるはずないではありませんか。
と言うよりも、私の兄弟は八人です。
ちょっと多すぎですよね。
なんで、お父さんもお母さんも骨董品ない癖してこんなに子供を生んでしまったのか・・・。
いざという時、アンティーク買取してもらって安泰出来る家族が理想な家族です。
しかし、私の家には買取してもらうべきアンティークはありません。
アンティークがない。
なぜ、アンティークのある家族と、アンティークのない家族がいるのかと言えば、それ程話しは難しくありません。
アンティークはひょっとしたら血の流れで作られて行くようなものじゃないかしら。
ラーメン屋とかで代々引き継いだタレを使っていますとか言うじゃありませんか。
アンティークとはあのタレのようなもの。
つまり、家族が代々のものを引き継いで来ない限りは、ここにアンティークはありません。
これは、私達が核家族化して来たことみ原因です。
しかし、私達家族は八人。
これから未来に対してアンティークは作られようとしているのかしら。

http://xn--tor23wlt4ax7g27r.com/

ブランドを買取に出すことが時々あるのですが、
良く利用している買取店がNANBOYAです。

NANBOYAは私が持って行くブランド品とかを
いつも高く買い取ってくれるので助かっているんですよね。

前は違うお店にも買取に出してたけど
前使ってたお店よりもNANBOYAの方が高く買い取ってくれることが
分かってからは、NANBOYA一筋って感じですかね。

NANBOYAはどの店舗も便利のいい場所にあるのもすごく魅力です。
それに、査定にも時間がかからないのでブランド品を買取に出した後でショッピングにも行けるのもいいんですよね。

今回買取に出したいのが骨董だったんだけど、
NANBOYAって、骨董の扱いってあったっけ?

気になったので、NANBOYAのホームページを確認すると
扱いがありました。

ブランドは高く買い取ってくれるけど、骨董はどうなのかな?
NANBOYAの骨董の買取に関しての情報を見てみました。

骨董ってあまり買取に出す意図がいないって思ってたけど
結構いますね。

そして、NANBOYAが骨董でも評判になっていました。
ブランドだけじゃなく、NANBOYAは骨董も高く買い取ってくれるお店だって
評判になっていたので、迷わずNANBOYAに行ってきます。

なんぼやの評判を見たもんだから気になって

買取に出してみようかと思うようになりました。

たまたまネットを見ていた時になんぼやの骨董の買取実績を目にしたんです。
これが結構いいお値段で買い取ってるもんだから
家に置いてある骨董の値段が気になってきてるんですよね。

価値のあるものかどうかは分かりませんが
祖父が生きていた時に大切にしていた骨董が家にあります。

祖父が他界してからは私が譲り受けたという事になっていますが、
和室に飾ることもしていません。

価値のあるものなら、傷つけてはいけないと思って
きちんと箱に入れて押し入れに仕舞っているのですが、
それっきりになっています。

なんぼやって骨董も高く買い取ってくれると評判になっていたのがきっかけで
再びその骨董の値打ちが気になってきました。

出張買取もなんぼやでは無料で全国対応できることから
出張買取に関しても評判が良かったので
家も出張買取をお願いしてみようかなって思っています。

あの骨董が価値のあるものだといいんですけどね。
こればかりは、プロに見て頂くしかありません。

出張買取を依頼しておきます。

 

絵画の鑑賞が趣味で、家にたくさんの名画が部屋に飾られている。
そんな方も中にはいると思います。

名画となると、それ相応の値段がしますから、
金持ちでないと、なかなか楽しめない趣味ですよね?

こういった贅沢な趣味で楽しむというのは、
一般人にとっては、憧れの一つでしょうね。

私はある絵画を買取店まで持っていって、
そこで引き取ってもらい、現金をゲットした事があります。

私が持っていた絵画は知人からもらったものでしたが、
不要になったので、買取店で処分してもらおうと思ったのです。

処分に当たり、私はまず店を決める必要がありました。

インターネットで検索すると、絵画の買取をやっている店は、
腐るほどあったので、最初、見たときは正直に言って、驚きました。

こんなにたくさんある店の中から、
一つを選ぶ作業を考えると、面倒だなとも感じました。

しかし、売る店を決めないといけなかったので、
私は色々なお店のサイトを見て回りました。

そして、最終的に、ある一つの店に決めたのです。

店を選ぶのに、苦労しましたが、
かなりいい値段で絵画が売れたので、良かったです。

茶道具の一つである花入は、気をつけないと、
うっかり割ってしまう可能性があります。

骨董品の場合、もし割ってしまったら、
とても悲しい気持ちになるでしょう。

ですから、その扱いには気をつけないといけません。

私は以前、なかなかいい花入を持っていたのですが、
うっかり割ってしまった事があります。

その時は、本当にブルーになりました。
なんか心まで崩壊しそうな気分でした。

悲しんでいても仕方がない!
前向きに考えていこう!

そう思い、私は新しく花入を購入する事に決めました。
しかし、金がないという事に気が付きました。

どうしようか考えてみました。
ボーナスが会社から支給されるまで待とうかと思いました。

ボーナスが出れば、その金で買える!

ただ、かなり待たないといけません。

私は待ち切れない思いから、茶道具を何か買取してもらい、
金を作る事にしました。

幸い、あまり使っていない物が数点ありました。
これなら売っても差し支えないと感じました。

そこで、それをある専門店に依頼して出張買取してもらいました。
そして、手にした現金で花入を購入しました。

中国から伝わった山水画を日本独自の文学とした雪舟は画家としては遅咲きだった。
そもそも雪舟は、涙でネズミの絵を書いたという逸話が残っているように、絵は相当上手かったと言われている。
雪舟は京都の相国寺で山水画の勉強を始めるのだが、全国各地からライバルが集まって来ているので、その中で雪舟はずば抜けて上手いとは言えなかった。
その上、京都の都では権力争いが始まったので雪舟は京都を離れることを余儀なくされた。

次に雪舟が身を寄せたのは山口・大内氏。
都から下ってきた雪舟は大内氏にとって便利な人物だった。
当時、明との貿易が盛んだったため雪舟の書いた山水画は大変重宝され、また仕事もこなすのでお気に入りの人物になった。
そして雪舟に転機が訪れる。
大内氏の派遣する遣明船に乗れ、中国に渡れるというのだ。
これは願ってもいないチャンスである。
この時、雪舟は48才だった。

中国から戻ってきて、遅咲き(50才を過ぎてから)らしく、作品を書くために全国行脚の旅に出る。
そして旅先で仕上げた「破墨山水図」でやっと中国を超えたと高らかに宣言する。

何が言いたいかというと、雪舟は作品のうち6点が国宝に指定されている。
もし未発表の雪舟の作品を見つけたのなら、高価買取は間違い無し。
そのような日本画の買取額ってどのくらいのもなのか、
いささか興味が湧くというものである。